日本ではSNSとしてツイッターが人気を集めています。140文字以内で気軽につぶやけるとあって、多くの人から親しまれているSNSです。私がツイッターを使うときに意識していることは、みんながリツイートしたくなるような内容を書くことかもしれません。ツイッターには「いいね」と「リツイート」がありますが、気軽に押せるのが「いいね」だと思います。日常のなんでもないできごとや趣味のことなど、共感できるツイートがあれば「いいね」を押す人が多いです。これに対し、リツイートしたくなるツイートというのは、「よい内容だからみんなに広めたい」と思われるものではないでしょうか。多くの人が心の中で思っていた内容をうまく表現できたとき、リツイートで広めてくれる人が増えるのです。そうはいうものの、目立ちたいあまりに奇抜すぎるツイートをするのもNGです。柔らかい感じを出しつつ、ほんの少しひねった内容がよいかもしれません。じょうずに表現できたときにはリツイートしてくれる人が多くなります。